カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

ウィルトン織とは

ウィルトン織は機械織の一種です。18世紀中期・イギリスのウィルトン市で初めて作られたことに由来し、この名前がついています。 19世紀にはジャガード(紋紙)を使用する自動柄出装置の発明により、2〜5色の多色のパイル糸による、自由なデザインでの柄カーペットが作られるようになりました。

また、ウィルトン織はパイル長も自由に変えることが出来るので、無地カーペットにも表面に変化をつけることが可能です。デザインと立体感で自由な表現が可能な絨毯です。

表面のパイル糸以外に、地経(じだて)糸・覆経(おおいだて)・緯(よこ)糸 の4種の糸で織られおり、緻密なパイルがしっかり固定されている丈夫な絨毯でもあります。